学校法人リリー文化学園 ヴィクトリアナーサリー 個性はそのままに、才能を伸ばす。
トップページ 活躍するリリーの子どもたち リリーアカデミーグループ アクセスマップ お問い合わせ
ヴィクトリアナーサリーについて カリキュラム 入園をお考えの方へ 在園児の保護者の方へ 学童クラブ 子育て支援
活躍するリリーの子どもたち
活躍するリリーの子どもたち

田山珠衣さん   私の原点『リリースピリット』

平成16年度卒園(第28回卒園児)

田山珠衣さん
バレエダンサー


リリー幼稚園を卒園して 12年が経った今でも、園での生活はハッキリと思い出されます。
運動会のお遊戯、クリスマス会、ひなまつり会。どれをとっても私のかけがえの無い思い出です。
先生方は、3歳〜5歳の私達を 一人の人間として向き合い、励まして下さり、褒めて下さり、真剣に叱って下さいました。
先生方の熱い想いから『諦めない心』『信じる心』『頑張る事の大切さ』を教わったと思っています。
まさに、その『リリ−スピリット』は確実に私の原点だ! と言いきれます。

私は 中学卒業後、大好きなバレエを学ぶ為に イギリスに留学しました。
慣れない生活で 心が折れそうになる事もありましたが、リリ−スピリットを胸に頑張っています。
昨年は ロンドンのロイヤルアルバートホールで踊れる貴重な体験をさせて頂きました。
また、今年のツアー公演のポスターにも選んで頂けました。
これも、ひとえに 「人前で演じる事の楽しさ」「自分を表現する喜び」の第一歩を教えて下さったリリー幼稚園のお陰だと思っています。

一時帰国した際には 今でも「珠衣ちゃんお帰り! 頑張ってるね!」と抱きしめて下さる先生方。
やはりリリー幼稚園は私の故郷です。
現在 通園されてるお子様方、ご父兄の方々、貴重な園生活を思いっきり楽しんで下さい。






磯山純さん   様々な可能性に挑戦していいのだと思えた場所

平成元年度卒園(第13回卒園児)

磯山純さん
シンガーソングライター


リリー幼稚園でのことは、今でもはっきりと覚えています。
幼稚園バスで通ったこと、大久保先生(現・学園長)が手品をしてくれたこと、
お泊まり保育、サッカー、「3匹の子豚もやってくる〜♪」のところのノリが気持ちいい園歌のこと、雨上がり、ブランコから落ちて服が全部汚れ、替えの服(薄茶色のオーバーオール)に着替えさせてくれ、帰りに母親がびっくりしていたこと、数え挙げればきりがありません。
通園していた2年間、担任の先生、そして園の先生みなさんが愛を持って接してくださったおかげで、毎日リリー幼稚園に通うのが本当に楽しみでした。

現在は、シンガーソングライターとして茨城や東京を中心に全国で活動しています。
体力的にハードな日もありますが、何とか元気でやれています。
リリー幼稚園で、サッカーを習い、小さい頃から運動していたことも今の体力形成に繋がっているのかなと思います。見たことないテクニックを見せてくれるコーチに憧れていました。

園児の時に夢を書く機会がありました。年中の時は「ケーキ屋さん」、年長の時は「サッカー選手」と書きました。その時も先生は否定をせず、受け止めて微笑んでくれたことが、様々な可能性に挑戦していいのだと思える基礎になっているのかなと思います。
以前にお世話になっていた先生方が、今でも働いてらっしゃるのが素敵な場所だという証拠かもしれませんね。

これからもリリー幼稚園が発展し、通園されるお子様、ご家族が笑顔溢れる日々を過ごされることを願っています。


磯山純さんのオフィシャルWEBサイト
http://isojun.info/





石川浩之さん   音楽の原点は、リリーの幸せな記憶

昭和56年度卒園(第5回卒園児)

石川浩之さん
コントラバス奏者(読売日本交響楽団)


卒園してから35年経ってますが、園にいたころの日々は目を閉じればすぐに思い出せます。
つきぐみの頃クレヨンで黒板に落書きをして外に出されて隣の組の先生に助けを求めたことや、 さつまいもを掘りに行ったことや、お泊まり保育でいっぱいはしゃいだことや、 動物が園にやってきて興奮したことや、楽しい外国人の先生の授業、クリスマス会の楽しくわくわくした記憶・・・。

現在は、東京で100人くらいで演奏するオーケストラで、コントラバスというとても大きな弦楽器を弾いて仕事をしています。
幼稚園の頃によく聴いた、モーツァルトの作曲した有名な「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」とかもよく演奏します。 年に何回は幼稚園児くらいの年齢を対象にした演奏会もします。

いつも思うのは、リリーの頃ののびのびしたオリジナリティのある感性って、今思い返しても、非常に音楽の仕事に役に立ちます。 音楽はジャンルを問わず心に素直に入ってきますから、常にのびのびとした純粋な気持ちで取り組み、 かつお客さんの気持ちをつかむ技術も磨いておかなければいけない毎日です。 技術は磨きますが、音楽の表現を考え、原点に戻ったときによく思い返すことがこの幼稚園の頃の素直な喜びにあふれた幸せな記憶なのです。

いつか、皆さんに演奏を聴かせてあげられる機会があることを夢見ております。


協奏曲をソロで弾く石川浩之さん




▲ page top

 (C)Copyright Lily Bunka-gakuen. All Rights Reserved.
リリーの個人情報保護について
サイトマップ